【ベアーズ ロックの寝袋を使ってみた!】予算一万円以内!Bears Rock マミー型寝袋

キャンプギア

段々と寒くなってきましたね

これから秋〜冬へと寒くなるにつれてキャンプで重要になるのは防寒対策です。

予算一万円以内でコスパが良く、そして冬でも暖かく使える寝袋を見つけました!

Bears Rock FX-451Gの使用感をお伝えします!

FX-451Gの仕様

4シーズン(春・夏・秋・冬)利用可能で使用限界温度はマイナス15度となっております。

快適睡眠温度域は20度から0度までです。

寝袋にしては珍しく出入り用ジッパーが真ん中に搭載されてます。また両サイドには『手が出せるファスナー』と足元には『足が出せるファスナー』も搭載されています。

私がこの商品に決めた理由

寒くなってくると快適で楽しいキャンプ生活を送るためにあったかい寝床の確保は必須ですよね。

寝床でゴロゴロすることが多い私にはふかふかの寝袋が必要でした。

この寝袋はポリエステルや化学繊維でできていますので羽毛独特の獣臭も一切ありません。それでいてふかふかです。

1番の決め手は真ん中に大きな出入り用のジッパーがあるので出入りがとても楽で早くこなせること。何度出入りしても苦痛でなく急なトイレでも安心です。

また両サイドには『手が出せるファスナー』が付いているので寝袋にこもったまま本を読んだり、ケータイを触ったり、飲み物を飲んだりと寝る寸前まで寝袋に入ったまま快適に使用できる設計に惹かれました。

実際にキャンプで使ってみた

他の寝袋と比較するとふかふかで布団に近い感覚で寝ることができました。

形状はマミー型ですが思ったよりも広々としています。

手が出せるファスナーがあるのでテントの中でもケータイや読書など何かしたい私にとっては最高の設計です。

ぐっすり寝ていたので気が付きませんでしたが、結露と雨でテントに触れていた足元がビッショリでした。

しかし、この寝袋は多少撥水性もあるようで足自体は全く濡れる事もありませんでした。

寝袋に染み込んでこない。

足先が濡れたらもうたまったもんじゃないですからね。ますます気に入りました!

全く染み込まない訳ではありません。

使い終わったら天日干しして、付属の袋に収納です。

収納袋は口も広く出し入れも他に持っている寝袋より楽々です。

これからますます寒くなっても充分活躍できる寝袋でした。

まとめ

とても良い寝袋に巡り会えました!

とても機能的で、且つふかふかであったかい。寝袋を変えるだけでキャンプの夜や雨の日お籠りキャンプがいっぺんしました。

ど真ん中のファスナーで出入りも楽々で、寝袋の中から手をだしてゴソゴソできるのもまた良いです!

ただし、マミー型なので足元だけは窮屈に感じる方もいるかもしれません。ただ、この形状だからこその暖かさもあるかなと思いますのでまあ仕方ない部分ですよね。

初めてベアーズロックの商品を手に入れましたが商品と合わせて色々なキャンプを楽しむための便りがついていました。

心遣いにほっこりします。実際今回の寝袋もとても良かったので他のベアーズロック商品にも今後お世話になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました